BLACKSHOT公式サイト
 平成24年5月21日  四天王寺にて入手軍帽



虫食いは点在あるもそれほとひどく無いのでそのままで行こう。

顎紐は合皮に変えてある・・・。



縁革は欠品
内張り内部にダンボールが入れてある・・・・
前の所有者は着帽していたのかそれとも型崩れ防止の為か?。



星章はオリジナルの物。



まずは分解

昭和期のの軍帽にしては珍しくひさしがエナメル処理している。

エナメルが癒着しひさしが取れにくい・・・
そのおかげでつばの縫い糸が解けていたが脱落しなかった様だ。



内張りの天井部のとめ糸はオリジナルなので外さないでおこう。



軽く洗浄し型崩れ防止ケンサイズ拡張のため詰め物をし日陰で乾燥。



顎紐製作 下はオリジナル
今回は裁断と染色のみ。
予備に何個か作っておこうかな?。



縁革製作
4号の縁革は破損品

貧乏症のためか縁革を継ぎ接ぎタイプにした、材料をあまりケチると良くないのだが。



本日はここまで
耳ボタンの材料等買出しに行かねば・・・。







同じカテゴリー(日本軍 軍装品復元)の記事画像
隠顕等の修理
日本軍 下士官兵用 四五式 軍帽 修復  2
同じカテゴリー(日本軍 軍装品復元)の記事
 隠顕等の修理 (2013-04-29 10:33)
 日本軍 下士官兵用 四五式 軍帽 修復  2 (2012-05-26 10:41)

Posted by ブルームーン  at 19:20 │Comments(0)日本軍 軍装品復元

<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。